外壁の熱対策や湿気対策

塗装する人

取り扱っている塗料と実績

全国の都市で最も人口が多い横浜では、ヒートアイランド現象により、中心部の平均気温が年々上昇してきています。気温が高くなれば、その分暑さで過ごしにくくなりますし、さらには住宅が熱気で膨張し、劣化しやすくなります。そのため横浜の中心部では多くの住宅で、健康と住宅とを守るための外壁塗装が行われています。塗膜で外壁全体を覆えば、気温が高い日でも住宅内では涼しさが保たれやすくなるのです。ただしそのためには、断熱塗料と呼ばれている特殊な塗料を取り扱っている業者に、外壁塗装を依頼する必要があります。もちろん、断熱塗料を使った外壁塗装における実績の多さも、WEBサイトや口コミなどでチェックすることが大事です。一方横浜でも中心部以外の地域では、ヒートアイランド現象は、それほど深刻化していません。むしろ湾岸部では、太平洋から吹いてくる風によって気温が自然に調整されるので、快適に過ごしやすいと言えます。しかしその風に含まれている湿気で、住宅では錆やカビなどによるトラブルが発生しがちです。したがって横浜の湾岸部で外壁塗装を行う場合は、熱よりも湿気を防ぐことを重視して、塗料を選ぶことが大事と言えます。具体的には、炭素を含まないため内部で菌が増殖しにくい無機塗料が適しています。これもやはり、取り扱いの実績の多い業者とそうではない業者とがいるので、事前にチェックする必要があります。保証期間を10年以上としている業者なら、より信頼できると言えます。

Copyright© 2017 外壁塗装は定期的に行なうことが大切|安全には代えられない All Rights Reserved.